投資マンションの選び方【失敗のリスク回避法を伝授】

物件

少子高齢化時代の賃貸経営

集合住宅

これからマンション経営する場合には少子高齢化という社会現象を考える必要があります。高齢化社会への対策としてマンション経営は最適です。片や少子化で供給過多になって空室が出る恐れがあります。対策として一括借り上げがあります。工事から管理運営まで建設会社に委託するのです。家賃保証をしてくれます。

View Detail

転勤後の留守宅を守るには

書類

リロケーションとは転勤等に伴って発生する留守宅の管理を行うサービスのことをいいます。その中心となるのは、住宅を所有者が不在の間だけ賃貸に供用し、その管理を代行して家賃収入を得ることで収益を上げる事業です。

View Detail

人口減少下の不動産投資

マンション

日本の人口は減少しています。人口が増加している時代と同じ投資のやり方では通用しないのです。そのために有効なのが不動産投資セミナーです。投資するエリアを決めたら、ネットのサイトを利用して人口予測をします。次に世帯数を分析して、投資プランを立てます。そのプランが正しいかを不動産投資セミナーで確認します。

View Detail

今人気となっている投資

住宅

費用の安さが人気の理由

これまで投資といえば三十代以降の方がメインでしたが、最近は二十代の方でも副収入を得るために投資を行っている方もたくさんいます。そして、その若い世代からの人気を集めている投資が投資マンションです。一棟丸ごと購入して行う方法もありますが、人気となっているのは一部屋を購入して貸し出し家賃収入を得る方法です。一棟丸ごと購入するとなるとその費用はとても大きなものになりますが、一部屋でしたらそれほど大きな金額を必要としません。そして、購入にあたりローンを組むことも出来るので初期費用に自己資金をそれほど使わずに始めることが出来ます。こうした費用の安さによる始めやすさから投資マンションは若い世代を中心に人気となっています。

管理を委託することが可能

また投資マンションには、一室から購入出来るという費用の安さ以外にもメリットとなる部分があります。それはなにもしなくても収入を得ることが出来るということです。投資マンションで一番手がかかるのは管理です。物件の設備のメンテナンス、入居者からの相談やクレーム対応など管理業務は多くあります。仕事を持っていない方ならばこうした時間も取れるでしょうが、仕事を持っている方はそうそうこうした時間を作ることは出来ません。そこで役に立つのが物件の管理を行ってくれる管理会社です。必要となる物件の管理業務を代行して行ってくれるので、自身はなにもする必要がありません。こうした便利な業者があることにより、投資マンションは仕事を持っている方でも始めることが出来ます。